墓じまい 費用 払えない

融資を受ける必要はありません

墓じまいにかかる費用は15万〜50万円程度です。墓所の状況やお墓の大きさによって金額は大きく変わります。

 

でも墓じまいのために融資を受けるような大袈裟なことはしたくないですよね。

 

自分名義のクレジットカードがあれば、ショッピング枠内で即時現金を手元に用意することができます。
これが一番簡単に墓じまい費用を用意する方法です。

 

もちろん合法なので堂々と現金を手にできます。それでは、この方法を解説していきますね。

 

お急ぎの方和光クレジット公式サイト

 

 

一番簡単に墓じまい費用を用意する方法

誰にも借金しないで

今すぐ費用を用意して

迅速に墓じまいしたい!

 

 

という方へ、クレジットカード現金化というシステムを簡単に説明したいと思います。

 

クレジットカード現金化とは

ショッピング枠を利用限度として「商品購入から買い取り」を一括して行ってくれるので、即時現金を受け取れるというサービスです。

 

購入した商品の発送は行われないので、自宅に商品が届いて家族にばれるという心配もありません。

 

カード会社への支払いは、分割払いやリボ払いを選択できます。消費者金融や闇金への返済に比べて非常に楽ですし、余裕をもってストレスなく支払いができます。

 

利用の流れ

1 申し込む

公式サイトの「お申込みフォームはこちら」というオレンジ色のボタンから申し込みます。

 

2 決済手続き

ネットショップで買い物して、クレジットカードで決済します。

 

3 振込まれる

買い物終了後、最短5分で指定口座に現金が振り込まれます。

 

4 墓じまいする

現金が用意できたら、一刻も早く墓じまい費用を支払います。

 

公式サイトでは24時間受付中です。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

クレジットカード現金化優良店和光クレジット

 

 

改葬と墓じまい

終活の一環として、墓じまいが行なわれるようになりました。

 

墓じまいとは

墓じまいとは、現在のお墓を解体、撤去して、墓地の使用権を管理者に返還することです。

 

改葬とは

改葬とは、遺骨を他の場所へ移すことです。近年、この改葬を行う人が増えています。

 

厚生労働省のデータによると毎年10万件以上の改葬が行われているそうです。改葬の増加に伴い、墓じまいの件数も増加しています。

 

墓じまいする理由

近年増加傾向の墓じまいですが、理由は実に様々です。

  • お墓の継承者がいない
  • 子どもたちに迷惑をかけたくない
  • 引っ越しでお墓が遠くなった
  • お墓がボロボロになった
  • お墓の管理でトラブルが起きた
  • 墓地や墓石の維持管理の負担から解放されたい

 

費用内訳

墓じまい費用に含まれているのは、次の工程費用です。

  • 現場調査
  • 行政手続きの代行
  • 遺骨取り出し
  • 墓石の解体
  • 撤去
  • 処分

 

費用が高くなるケース

墓じまい費用の相場よりも大幅に高くなってしまうのは、次のようなケースです。

  • 外柵の高さが30cm以上
  • 機材搬入が困難な墓地
  • 特殊な形状や構造の墓石
  • 沖縄など離島
  • 寒冷地仕様の基礎が厚い構造

 

業者との見積もり時にしっかり話をききましょう。費用内訳があいまいなまま契約することは、後にトラブルを招くことにつながります。

 

散骨で自然に還す

墓じまいの後は、遺骨をどうしますか?自然に還すという選択肢があります。

 

近年、海に散骨する方がとても増えているのです。

 

海洋散骨とは

海洋散骨とは、火葬したあとの焼骨や、墓じまいでお墓から取り出した遺骨を海洋上に散布することです。

 

散骨は違法?

散骨というと、違法だとかグレーゾーンではないかと思っている方がいますが、そんなことはありません。

 

厚生労働省が発表したガイドラインを守って散骨することは政府公認なので安心してください。

 

散骨するには

散骨は、骨をそのまま海に投げ入れることではありません。遺骨であることがわからないように1〜2mm以下の粉末状に砕いて散布します。

 

遺骨とわかる状態で海に投げ入れた場合には日本の法律に抵触し、遺骨遺棄罪が適用されます。

 

発がん性物質「六価クロム」

火葬した遺骨には高確率で、発がん性物質「六価クロム」が含まれています。

 

六価クロムとは、致死量はたったの0.5〜1gという高発がん性物質です。人体だけでなく環境にとっても非常に有害な物質といえます。

 

六価クロムが体内に入ると、次のような害をもたらします。

  • 中毒症状(鼻中隔穿孔)
  • 肺がん
  • 気道障害
  • 皮膚障害

 

ですから、遺骨を粉末状に砕くことはプロに任せないと危険です。自分で遺骨を砕いて自分で散骨することも違法ではありませんが、お勧めできません。

 

六価クロムの無害化

六価クロムは有機質を酸化をさせると、無害である三価クロムに変わります。

 

遺骨の専門家が一つ一つ丁寧に遺骨を無害化してから散骨を行ってくれる業者に依頼するのが安全です。自然環境にも配慮した散骨を行ないましょう。

 

散骨の相談はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
みんなの海洋散骨

 

全国海域対応なので、見積もりをとってから家族と相談してみるといいと思います。

 

page top